引越し

単身引越

☆荷物は少ないけど、男手がなくて運べない…
☆急な引越しで安心して頼める業者がいない…
☆他社の見積もりがすごく高くて悩んでいる…
☆不要な家財は処分・買取してほしい…
☆段ボールなどの梱包資材がない…

などでお困りの方、まずはお気軽にご相談ください!
タンス1本、テレビ1台、洗濯機や自転車など、大小にかかわらず1点からでも配送いたします。

相談無料!!
大手にできないきめ細やかさが自慢です。

単身引越

片付け

ゴミ屋敷化することを防ぐポイント

不用品を処分できず溜まり続けた結果、住まいがゴミ屋敷となってしまいます。
仕事が忙しくて片付ける時間がない、捨てることがもったいないなど、ゴミ屋敷となる理由は誰にでも起こり得ることです。ゴミ屋敷にならないために、ゴミ屋敷を防止するためのポイントを知っておきましょう。

ものを置いたままにしない

ゴミ屋敷となってしまう方の多くが、ものを床や机など様々な場所にゴミやものを置いたままにしています。

ものを放置したままにすると、同じ位置にものが溜まっていき、片付けることが億劫になって片付ける習慣がなくなる可能性があります。

食べ終わった食器はすぐに洗う、ゴミはすぐゴミ箱に捨てる、買い物したものは袋からすぐに出すなどの習慣を心掛けましょう。

ものを置いたままにしない

多めにゴミ箱を設置する

家の中は、キッチンやリビングなどゴミが比較的出やすい場所があります。こういった場所にゴミ箱を設置することも、ゴミ屋敷を防ぐ方法のひとつです。

リビングにひとつだけではなく、ゴミが出やすい場所にゴミ箱を設置することでゴミを捨てやすくなります。多めに設置すれば近くのゴミ箱に捨てるだけなので、ひとつのゴミ箱がある位置まで移動する手間がなくなります。

また、蓋を開ける手間を省くために蓋なしのゴミ箱を設置すると良いでしょう。

ゴミ収集日に必ずゴミを出す

ものが増えると収納スペースがなくなっていくので、不用品は捨てる必要があります。
しかし、ゴミの収集日を忘れてゴミを捨てる機会を失うことが続くと、次第に捨てなくてもいいやという気持ちになってしまい、ゴミが溜まっていく場合が多いです。ゴミの収集日を忘れないためにも、ゴミ収集のスケジュールを出かける時に目に入る位置に貼っておき、必ずゴミを出す習慣をつけましょう。

定期的に人を家に呼ぶ

ゴミ屋敷となってしまう方は、人付き合いを面倒に感じてしまう方が多いようです。
人付き合いが減り、自分の部屋に人を招かなくなると、自分の家や部屋を片付ける理由がなくなり、ゴミ屋敷となってしまう可能性があります。片付ける理由があれば片付ける回数も増えるので、ご友人やご両親など人を家に招く機会を設けてみてください。