スタッフブログ

形見分けについてご存知ですか??パート①

2020年05月14日

こんにちは。

ネクストサポートのかおりんです★

 

今日は【形見分け】について

お話したいと思います。

 

少し長くなりそうなので

2回に分けてお話します!!

 

【形見分け】と聞いても

ピンと来る人はほとんどいないと思います。

 

何となく、分ける??

でも何をどうやって??

 

そんな疑問をなるべく簡単に

少しの知識として

お伝え出来ればと思います(^O^)

 

いつか来るかもしれない

その時の為に

是非、見てもらえれば嬉しいです★

 

まず、、、

◆形見分けとは?? 

     →故人が生前に大事にしていた物を 

        御家族や親族、ご友人に分けること。

 

亡くなった方が遺した

思い出の品々を通して

故人の思い出を共有する為に行います。

 

 

◆形見分けを行う時期は??

   忌明けに行う事が一般的です。

   それぞれの宗派により、

   多少の違いがあります。

    [仏式]→四十九日法要の後

    [神式]→五十日祭の後

    [キリスト教]→三十日経過後

 

ただし、贈る相手や贈る物を

きちんと考える必要があるので

急いで行う必要はないと言われてます。

 

 

◆形見分けの品物例

     →時計、鞄、万年筆、

        高価ではないカメラ、装飾品

        洋服、着物、髪飾り

        本、絵画、囲碁、将棋、釣具

        アクセサリー、家具  などなど….

 

*渡す相手の趣味や

   故人との接点などを考えて

   貰った方が喜びそうなもの、  

   受け取った方のことを考えて

   贈るのがよいとされております。

 

パート①はここまでに

しておきます(^O^)

 

まずは【形見分け】の

基本が分かってもらえるかと

思います。

 

次回、パート②では

もう少し詳しく

【形見分け】のマナーについて

お話したいと思います!!

 

乞うご期待!!(^O^)!

 

 

 

遺品整理 生前整理

家屋片付け

不用品整理、買取

お見積もり、 もちろん、相談無料!!

ネクストサポート

TEL:0120-511-880