スタッフブログ

形見分けについてご存知ですか??パート②

2020年05月15日

こんにちは。

ネクストサポートのかおりんです★

 

今日は前回に引き続き、

【形見分け】について

お話したいと思います(^O^)

 

 

前回は、形見分けとは??

などの基本知識を

お伝えしましたので

今回は形見分けのマナーについて

詳しくお話させていただきます!!

 

 

◆形見分けのマナー

    →①基本的には目上の方には贈らない。

          ただし、本人から希望があれば

          もちろん、贈らせていただく。

 

        ②形見は包装しない。

           プレゼントではないので、

           ラッピングは不要です。

           むき出しで渡しにくい場合は     

           半紙に包んでお渡ししましょう。

 

         ③高価な物は贈らない。

            贈る形見が高価な場合、

            受け取った人に贈与税が

            課せられる場合があるので、

            注意しましょう。

 

 

◆形見分けと遺品整理の違い

     →遺品整理は故人の遺した全ての物を 

         残すもの、処分するものに分けること。

 

          ↓↓↓つまり↓↓↓

 

【遺品整理】を行った後に

故人と縁の深い人に遺品を贈って

個人の思い出を共有することを

【形見分け】といいます。

 

というのが、簡単な説明です。

 

いかがでしたか??

 

難しく聞こえる【形見分け】ですが

そんなに難しく考えなくても

大丈夫かと思います。

 

故人のことを思い、

その故人の思い出を

品物を通して

生前、縁の深い方々と

共有するとこに

【形見分け】の意味があります。

 

【形見分け】をした品々を見て

故人との思い出を

浮かべることが

供養になります。

 

少し長くなりましたが

知識として持っておくと

損はしないと思います(^O^)

 

いざとゆう時に

思い出してください★

 

また、ブログを読み返しに

来てください。

 

そして、遺品整理が必要な場合は

ネクストサポートにご相談ください。

 

お力になれればと

思います。

 

 

遺品整理 生前整理

家屋片付け

不用品整理、買取

お見積もり、 もちろん、相談無料!!

ネクストサポート

TEL:0120-511-880