スタッフブログ

相続とは??パート②

2020年06月16日

こんにちは。

ネクストサポートのかおりんです★

 

今日は【相続】について

のつづきをお話しようと思います!!

 

 

前回、【相続】の3つの方法を

お話したと思います。

 

法定相続

     →民法で決められた人が

         決められた分だけ貰う。

遺言による相続

     →亡くなった方が遺言書により、

        相続の内容を決める相続。

分割協議による相続

     →相続人全員で協議して、

        遺産の分割方法を決める相続。

 

この3つの方法があります。

 

ただし、遺言書がある場合は

原則、遺言書に沿って相続をします。

 

遺言書がない場合は

法定相続」か「分割協議による相続

のどちらかに沿って相続をします。

 

※もし、相続人同士で話し合いをして

  相続をする「分割協議」で

  話がまとまらなかった場合は

  調停の手続きで進めて行くことになります。

 

  家庭裁判所に申し立てをし、

  調停委員を介して話し合いをし、

  それでもまとまならい場合は

  審判という手続きへ移行していきます。

 

この辺りが少しややこしい部分かな

と思います。

 

遺産相続で揉める”のは

この話がまとまらなかった場合の

調停になり、審判になっていき

そのような表現になってるのかと思います。

 

しっかりと遺言書があれば

故人が残した遺言書に基づいて

遺産相続がされます。

 

また、遺産が貰えるのは

法定相続人』か『受遺者』の

いずれかになります。

 

法定相続人

    →民法で決められた相続人。

       亡くなった人の配偶者。

       子か親か兄弟姉妹等。

 

受遺者

    →遺言書で遺産を譲り受ける人として 

       指定された人。

 

 

今回はここまでにします★

 

次回は先程お話した

法定相続人』の中での

優先順位について少し

お話したいと思います。

 

難しいかもしれませんが

少しでも知っていると

自分の為になるかと思います。

 

ではパート③を

お待ちください!!\(^^)/

 

 

 

遺品整理 生前整理

家屋片付け

不用品整理、買取

お見積もり、 もちろん、相談無料!!

ネクストサポート

TEL:0120-511-880