スタッフブログ

遺品整理のケース④

2020年09月09日

こんにちは。

ネクストサポートのかおりんです★



今回も遺品整理の様々な

ケースについてお話したいと思います。





④亡くなられた親が成年被後見人だった。

      →成年被後見人になっていた親が

         亡くなられた場合は注意が必要です。

         それは大事な書類などがどこにあるか

         分からないことが多いということです。

         とくに、認知症の方はお部屋の整理を

         されるのも難しいことが多いので

         保険証や通帳などが

         なかなか見つからないことがあります。

         この場合は御家族の方が見つけるのは

         かなり難しいかと思います。  

         できるだけプロにお任せする方が

         いいかと思います。



◆成年被後見人とは??◆

     知的障害や精神障害、認知症などにより

     判断能力が十分でない方が 

     不利益を被らないように家庭裁判所に

     申し立てをして、その方の後見を

     してくれる人を付けてもらう制度のこと。





いかがでしたか?



4件のケースをご紹介しました。

ご自身がどのケースに近いのか

考えながら読んでもらえればと思います。



いつか来るその時に

このブログのことを

覚えてもらえていたら

少しは皆様のお力になれるかな??

と思い、お話させていただきました。



最後まで読んでいただき

ありがとうございました!!







大阪府・京都・奈良 地域密着!!

遺品整理 生前整理

家屋片付け

不用品整理、買取

お見積もり、 もちろん、相談無料!!

ネクストサポート

〒571-0029 大阪府門真市打越町9-3

TEL:0120-511-880